検索

2021.5.21 太陽光発電所メンテナンスなど

ご覧いただきましてありがとうございます。

代表の河谷です。


前回のご案内から時間が経過してしまいました。山口県は平年より早い梅雨入りとなっています。


3月末から入梅まで何件か、除草作業をご依頼いただきました。




発電所の除草は久しぶりというオーナー様からご依頼いただいた低圧発電所の様子です。

「草が伸びて、発電効率が10%程度低下していると思う」とのことでした。草でパネルに影を落としているところもあったので、除草によって、パネルへの日照が増えました。




休耕田の除草の様子。ドローンで撮影してみました。使用ドローンは80グラムほどのモデルです。


発電所関係では、電力会社の出力制御に対応できていないパワコンへのプログラムの確認作業を行いました。




防草シート張りも行いました。オーナーさんが以前、ご自身でパネル周りを張っておられたときに余ったシートがあったので、それを使って斜面に展開しています。黒丸30センチピンを使用しても、手ごたえのない柔らかい土地だったので、発電所に余っていたブロックを置いて押さえています。

 こういう作業は1日あたりの人件費と材料費(今回は、かかってません)でご提案しています。




道具も更新中で、今回、刈払機に取り付けのヘッジトリマーを導入しました。現場稼働はまだですが、円形のチップソーに比べてリーチが長いのでパネルまわりの除草がより効率的にできると思います。





イベント事業では、橋の架け替えセレモニーでのバルーンリリースのコーディネートを行いました。めったにない催し物のお手伝いができて光栄でした。


今回は以上です。

雨の後は草が勢いよく伸びます。

太陽光発電所だけではなく、空き地や休耕田の草刈りも行っておりますのでお気軽にご相談ください。

106回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示